CULTURE

Pop Art & Culture of JAPAN /
Music & Subculture of US & UK in 60's-70's

スポーツ社会学

(twitterに書いたもののまとめ)

W杯の盛り上がりに違和感覚えてる筑波大生には、「スポーツ社会学」という授業おすすめ。スポーツとメディアの切っても切れない関係などについて、「スポーツのチカラ」なんてほとんど「ファシズム」とのたまう先生のもとで学べる。

この授業の最大の魅力は、体育専門学群の必修であること。嫌々この授業を受けているスポーツ信奉者たちと、彼らを煽るようにスポーツを批判する先生との喧嘩がいつ始まるのかという、他の授業にはない空気が楽しめます。

先生はむしろその険悪な空気を楽しんでて、毎授業で感想を集めては、先生への暴言を選んで読み上げる。スリル満点です。あと期末テストでは物々しいほどのカンニング対策がなされてて、これも楽しい


生きてる?(Are you living?)

「あした、なに着て生きていく?」というearth music&ecologyのコピー、
それからCanCamの表紙にでかでかと書かれた「”黒髪”で生きていく?”茶髪”で生きていく?」(くろかみ、ちゃがみのルビつき。ちゃがみって初めてみた)


若い女性たちが人生に哲学を求め始めたようだ(求めるように誘導されてる段階かも)。それにearth music&ecologyの服を着、CanCamを読む層ってのは、ゴスロリやV系等を好む層(生の問題とか身体装飾による自己表現に敏感と考えられがち)とはかなり離れた位置にいるという意味でも新鮮。


生きているだけじゃ「生き」ていない。
所謂「さとり世代」の話題の範疇だとしても、巷で言われてるその特徴(あまり盛り上がらないとか海外に興味ないとか)よりよっぽど悟りっぽい。


もひとつ捻ると、「生きるために生きていない」(これはわたしが考えていること)(生がゲシュタルト崩壊した)

***********

Are you living?

Ladies apparel manufacturer earth music&ecology says “What will you wear to live tomorrow?” on its advertising
and I saw a phrase “Witch will you wanna live with Black Hair or Brown Hair?” on the cover of young fashion magazine CanCam.

Japanese young fashionable women are getting interested in How to live?: In other words Way of life and this is an important word in the field of Youth Subcultures Studies.

It no longer mean living to live without any Way of Life.
They don’t wanna live in order to live.(me too)


"It always bothers me to see people writing ‘RIP’ when a person dies. It just feels so insincere and like a cop-out. To me, ‘RIP’ is the microwave dinner of posthumous honours."
— Lou Reed

"It always bothers me to see people writing ‘RIP’ when a person dies. It just feels so insincere and like a cop-out. To me, ‘RIP’ is the microwave dinner of posthumous honours."

— Lou Reed